ホーム > 介護住宅について

介護住宅について

住宅の段差について

介護を必要とされる方にとって段差は大変な障害となります。
これは車椅子の場合でも例外ではなく、段差が2cmを超えただけで、自力で乗り越えることが困難となります。
住宅に対し”バリアフリー”を盛り込む際には重要な要素となりますので、部屋入り口の引き戸レールなど注意・確認が必要です。

部屋の出入り口幅

「廊下と部屋の出入り口が平行」な一般的なケースの場合、車椅子(幅65cm)が廊下からお部屋にスムーズに入るには1m近くの入り口幅が必要です。
頻繁に出入りする部屋の場合は、廊下と出入り口を直角になるような配置も検討してみてはいかがでしょうか。
その場合廊下の幅、出入り口の幅共に車椅子の幅分だけで出入りが出来ることになります。

寝室

介護用ベッドと車椅子を配置した時を想定して、レイアウトを考慮する必要があると言えます。
ベッドの両側に介護者が作業できるような十分なスペースを取ることを考えると、6畳以上の間取りは必須ではないでしょうか。
お部屋と平行にベッドを配した場合でも、6畳間の幅270cmに対しベッドが110cm、車椅子70cm、ですのでその両側に45cmずつのスペースが取れることになります。
この場合、8畳間であればゆとりのある空間を確保できそうです。

浴室

一般的な住宅の場合、脱衣所のサイズは車椅子を十分に回転できるサイズが確保されていないことが多いと言えます。
洗面台や洗濯機、収納スペースを除いた有効面積が十分確保できるよう、考慮しましょう。
また、浴室へも直接入れる構造が望ましいので、出入り口の段差や浴室面積も要チェックです。

トイレ

車椅子が廊下から入れるだけではなく、介助者が付き添えるスペースが必要です。
トイレと脱衣所のスペースを共用とするのもひとつの手です。

経験と実績のプロが取り組みます

新築、リフォームに限らず、「車椅子がしっかり転回できるか」、「介助者のスペースはあるか」、事前にパースを描いてシミュレートすることが介護住宅に取り組む際に重要だと言えます。
介護住宅・バリアフリー住宅の新築、リフォームのご相談は「松尾工務店」へお気軽にご連絡ください。
経験豊かなスタッフが親身になってご相談乗らせていただきます。

PAGE TOP